世界各地で産するターコイズ。中でもイラン産のものは、質の高さと美しいブルーで有名です。

イスラム教シーア派の聖地マシュハド Mashhad から、鉱山のあるネィシャブール Neyshabur へ!

鉱山見学と買付の様子をご紹介します。

まずは、マシュハドのバザールあたりでリサーチ。

右の青いタコ坊主がワタクシ。イランに入ったばかりで、スカーフの被り方がまだまだです。
補足)イランはイスラム教の国。女性は旅行者であっても、スカーフなどで髪を隠します。

1月のある晴れた日、ターコイズ眠る鉱山へ。

我が家はただいま、軽自動車で日本からケープタウン(南ア)までの往復トリップ中。鉱山へも愛車で向かいます。

写真右端のお二人、マシュハドのバリさんと、現地出身のハミッドさんが案内してくれました。

ガイドの資格を持つお二人は、今回を機に「鉱山ツアー」を企画。視察のため同行が実現したというわけです。

ちなみに写真左三人は、鉱山の方たち。

坑道見学。

暗い、湿っぽい、足元危険。
いつトロッコが来るか分からないので、基本、走ります。

壁に、青く細く光るターコイズ。

薄っぺらい層。
希少さがよくわかります。

「今まで事故は?」
「ないよ」

「この鉱山はいつからあるの?」
「7,000年前から」

鉱山見学の後は、地元のお店で商談。

「テレビに出たことあるんだよ」
「ほんと?見せて見せて♪」

品定めしたり、

加工場を見せてもらったり、

ショップも何軒も見て、

働くムスリム女性にうっとり。

たくさん見すぎてクラクラするので、

キャラバンサライで一休み。

夜は石屋さんをハシゴ。
ご自宅にお邪魔するので、イランの日常生活が垣間見えます。

近くの塩鉱山に寄り道したりしながら、帰路。

短い日程、準備不足のあれこれの中、有意義なターコイズとの出会いでした。
親切なイランの皆さんに感謝。